精油の話

今更ですが…
「精油」とは、と言う質問は資格をとる際に必ず出る問題です。
3つの協会で資格を取得しましたが、協会が違うと考え方や、使用精油も違い、アロマテラピー、アロマセラピーと呼び名も変わり、定義も変わります。
けれど「精油」の定義は同じです。精油(エッセンシャルオイル)と呼びますが、油ではなく、植物の果皮、花、葉、茎、種子、樹脂から採れる脂溶性で、揮発性、芳香性のある有機化合物(化学物質の濃縮物)です。

 

そもそも植物が作り出す芳香成分は、自分の生命を守り、子孫を増やすためのもので、あくまでも植物自身のためのものです。香りで虫を誘って受粉したり、植物が食べられては困るので、香りを出して昆虫から身を守るのです。それを利用したのが虫除けスプレー(昆虫忌避作用)です。
昔からアロマセラピーはメディカル、スピリチュアルに利用され、様々な作用があるのも事実です。ただし、植物にとっては不可欠なものでも、使い方によっては私たち人間や動物にとって毒にも薬にもなり、植物=安全ではない、と思って使用した方が、より安全だと私は考えています。
精油は、植物の収穫場所、年、抽出によって香りや作用が変わります。
ラベンダーは鎮静作用があると言われていますが、成分分析でカンファーが含まれるものもあり、カンファーは鎮静とは逆の強壮作用です。ラベンダー精油を焚いてイライラを落ち着かせ眠ろうと思っても、興奮してしまったら逆効果です。
たまに気分転換で香りを使うだけだから100円ショップのものでいいという人もいますが、嗅覚は脳にダイレクトに働くことや、粘膜吸収や皮膚から浸透、吸収し血液循環へ、と考えれば大丈夫なんでしょうか?そもそもそんな安く手に入る方が怖い気もします。
植物のチカラを借りるのですから、せめて提供する私たちは、精油の良さや効果効能ばかりを語るのではなく、成分を理解し、副作用や禁忌、薬との相互作用をお客様に説明できなくてはなりません。
良い精油、植物オイル、ハイドロゾルを安心して使う為に、購入する際は必ずお店の方に聞くことをおすすめします。
 
そう思うと、日本では精油は「雑貨扱い」というのは残念です。
実はなぜこんな話をしたかというと、長くなるのでまた次回に…

 

%e3%83%9b%e3%82%99%e3%83%88%e3%83%ab
 
精油の話